シミの元凶「光老化」を徹底解説!どうやって防げば良いのか

■光老化とは
シミやしわ、肌トラブルの原因について、「光老化」というキーワードが注目を浴びています。言葉の通り、光による老化現象のことです。
地上に降り注ぐ紫外線には、UV-A・UV-Bの種類がありますが、エネルギーが弱いと言われるUV-Aこそが光老化の原因となります。UV-Aはエネルギーこそ弱いものの、波長が長いため、皮膚の内側にある真皮層にまで到達します。そのため、真皮層にあるコラーゲンやエラスチンに影響を与え、変性させてしまう作用があります。

「紫外線のダメージは蓄積をする」という言い方もしますが、主としてUV-Bによる現象である日焼けやサンバーンとは違い、少しずつ目に見えない部位である肌の内部にダメージを与えてしまうのです。常日頃からUVケア、紫外線対策を怠ってはいけないという理由には、この光老化を防ぐためということがあります。さまざまな機関によってあらゆる研究がなされていますが、肌の老化現象(シミやしわ・たるみなど)の80%は光老化が原因であるという結果もあるようです。

■オゾン層の減少と光老化の関係
オゾンホール・オゾン層破壊などが取り沙汰され、もうずいぶん年月が経っていますが、解決の方向には進まず年々オゾン層は減少していく一方です。さて、このオゾン層、これがなくては地球上に生物は生まれていなかったと言われています。地上から10km~50kmの空を成層圏といいますが、その成層圏の90%がオゾンです。酸素原子3つ、O3(オースリー)とはよく聞く言葉ですね。
太陽から降り注ぐ紫外線には、UV-A・UV-B・UV-Cの3種類がありますが、A→B→Cの順にエネルギーが大きく、UV-Cに至っては、DNAや細胞を破壊し、生物や人体にとって悪影響が大き過ぎるとされています。現在では地上には降り注いでいないと言われています。オゾン層が、このUV-Cを吸収してくれるためです。

オゾン層の減少は現在進行形で、確実に起きています。2002年にはWHOが紫外線に対する警告を出しています。オゾンホールが拡大している南半球のニュージーランド・オーストラリアでは問題が大きく表面化し、皮膚ガンや白内障の患者が増えています。そして、世界的にも、もちろん日本国内でも明らかに皮膚ガンや白内障の患者が増えていますし、光老化現象についても比較的早い年代から発症、または強く表れるようになってきていると言われています。

■光老化でどんな症状が現れる
光老化でどんな症状が現れるのでしょうか?近年の研究結果では、加齢による影響だと思われていたシミやしわ、肌のたるみ、ターンオーバー異常など、いわゆる肌トラブルのほとんどが光老化の症状であるとされています。加齢による影響も間違いなくありますが、紫外線をたくさん浴びてきている部位が、症状が強く現れることが分かってきています。また、目の病気である白内障も長い年月をかけて蓄積される紫外線が原因の場合が多いとのことです。

■光老化を防ぐ・和らげる有効な成分は
光老化を防ぐ・和らげるために有効な成分というのは、まずは第一に日焼け止めクリームなどです。日焼け止めにはSPF・PAという2種類の表示があります。SPFが、UV-Bに対する防御能力の高さです。上限はSPF50です。PAは、UV-Aに対する防御能力をPA+~PA++++の4段階で表します。強すぎれば良いわけではありません。肌に対する刺激もありますので、状況に応じての使い分けがベストです。日常的であれば、SPF10-20/PA+~++で十分ですが、屋外レジャーの場合にはSPF50/PA+++~PA++++などの使用が良いそうです。2種類くらいを常備しておくのが良さそうですね。

■光老化を防ぐのに有効な生活習慣は
光老化を防ぐのに有効な生活習慣は、まずは日常的なUVケア・紫外線対策を習慣づけることでしょう。晴れた日や春~夏など屋外に出る時には、つばが広めの帽子を被るのがおすすめです。ゴミ捨てや洗濯物干しなどの家事は短時間であれば、帽子を被るだけでも十分に効果的です。お子様にも帽子を被る習慣付けをしておくと、学校などから帰って来て日焼け止めを塗らずに出かけてしまっても、少しは安心ですね。

そして、アンチエイジング・光老化などの現象を少しでも防ぐためには“抗酸化作用”がキーワードです。スキンケア商品では、お肌の抗酸化力をアップしてくれるビタミンC誘導体成分が配合されているものが多くなっています。また、果実類や野菜に多く含まれるビタミン類や、ポリフェノール、イソフラボンなどの食べ物に抗酸化作用があると言われています。最近注目のココナッツオイルもばっちりです。さまざまな食べ物をバランス良く食べておくのも大事ですね。
しっかりと外側からのUVケア・紫外線対策をおこないつつ、体の内側にも少し気を配ってあげることで、光老化を防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です