シミ消し成分でもよくある医薬部外品と一般的な化粧品はなぜ分けられている?

■医薬部外品の定義とは
化粧品は、薬事法によって定められている「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」というグループに分類されます。医薬部外品・医薬品については明記する必要がありますので、パッケージで判断できます。
ドラッグストアやスーパー、最近ではコンビニでもよく見かけるのが「医薬部外品」という言葉ではないでしょうか。医薬部外品の定義とは、厚生労働省によって許可された効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているものをいいます。医薬品に比較しておだやかな薬理作用があるとされ、主として予防を目的とした製品になります。一方、化粧品の場合は成分の全量表示が義務付けられていますが、医薬部外品の場合には有効成分についての記載のみで良くなっています。任意で成分の全量表示をおこなうメーカーも増えています。

医薬部外品の場合、有効成分の表示や、効果・効能について記載をして良いことになっています。例として、「薬用○○」「ニキビを防ぐ」「メラニン生成を抑えてシミを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの表現が可能となっています。また、有効成分については含有量の表示が必要となっています。

■化粧品との違いは明確な効能効果
「化粧品」とは、主として美容を目的とした製品のことをいいます。石鹸やシャンプー、歯磨き粉、スキンケア製品・メイク製品などをいいます。医薬品・医薬部外品に比較すると、作用はとても穏やかになっています。2001年に化粧品についての規制緩和がおこなわれ、禁止成分については細かく定められているものの、以前に比べればかなりの自由度をもって化粧品の開発ができるようになりました。その代わりに、含有成分についての全量明記が義務付けられています。比率の記載はナシでOKですが、多いものから順に記載していかなくてはいけません。

さて、医薬部外品と化粧品との違いは明確な効能効果の有無、そして表示をして良いかどうかです。医薬部外品の場合、“ある効果効能に有効な成分”として厚生労働省に申請をして許可を得ます。許可が得られることによって、有効成分の含有量を明記するとともに、明確なピンポイウント的な効果効能について表示して良いこととなっています。つまり、化粧品についてはさまざまな良い効果があったとしても、効果効能について表示をしてはいけないこととなっています。例として、「お肌に潤いを」「日焼けを防ぐ」など簡易的な表現までが可能であり、具体的な効果・効能の表現はNGとなっています。

■さらに効能効果があるのは「医薬品」
さらに効果効能があるのは「医薬品」です。医薬品とは、病気の治療や予防に使用されることが目的とされ、化粧品や医薬部外品と比較すると強い作用を持っています。医薬品は、「医療用医薬品」「OTC医薬品」に分類されます。
医療用医薬品とは、つまり医師からの処方が必要な薬品です。OTC医薬品とは、薬局やドラッグストアで医師からの処方箋なしに購入のできる薬品であり、第一類・第二類・第三類に分けられます。第一類については、医療用医薬品と似たような作用をもつものが多く薬剤師や登録販売者による販売が必要と定められています。第二類・第三類については、一般小売店でも販売可能であり、スーパーやコンビニで見かける医薬品とは第二類・第三類医薬品となっているはずです。医薬品とされるスキンケア商品は、ワセリンや保湿クリームやジェル、ローションなどが医薬品であることが多いです。

■医薬部外品の保湿成分「ライスパワーNo.11エキス」とは
医薬部外品の保湿成分「ライスパワーNo.11エキス」とは、勇心酒造で生まれたお米を原料とした成分です。ライスパワーNo.11エキスでは、医薬部外品として“皮膚水分保持機能の改善”という効果・効能について厚生労働省から許可をもらっています。肌のバリア機能・保湿にとても大事であるとされる細胞間脂質のセラミドを増大させる効果を持っています。セラミド不足は、乾燥や敏感肌などの肌トラブルへ直結するとされています。セラミドを補給する製品は多数で初めていますが、ライスパワーNo.11エキスはセラミドを肌の内側から自らの力で増やしていくための効果があるということです。つまり、水分保持機能が改善されることになります。

さて、ライスパワーNo.11エキスは、勇心酒造によるスキンケア製品以外にも使用されています。勇心酒造からのエキス提供とのことですので、効果・効能は同じといえます。KOSEの米肌・肌極の2製品、アイムのライスフォース、計3製品です。
ライスパワーエキスには現在36種類あり、それぞれに種類や組み合わせ、量が変わり、発酵時間についても違うそうです。ライスパワーNo.11エキスは、約90日間をかけて製造されます。国産のお米100%が原料です。お米を蒸し、麹菌・酵母・乳酸菌などを組み合わせ、長時間発酵されます。じっくり樽の中で発酵・熟成させた後に抽出され、厳しい品質管理をクリアできたものがライスパワーNo.11になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です